浴室リフォームで事故を防ごう!相場やおすすめ箇所を紹介

リフォームで事故防止!浴室は危険な場所なの?

リフォームが浸透した理由

住宅のリフォームはさほど珍しい事ではありませんが、ほとんどのケースが劣化している部分を施工する。またはリノベーションをプラスした大規模な施工がメインです。 しかし浴室に関しては事故防止の為に施工をする件数が高い事が分かっています。その理由をお教えします。

なぜ浴室で事故が多いのか?

高度経済成長期の日本では大量消費・大量生産が当たり前で、とにかく使い捨てのものが多くありました。それは住宅にも言える事で20年ほど経過して、設備が古くなったら建て直しを行い常に新しい住宅へアップデートをしていました。

しかし平成に入ってからすぐ地球温暖化が叫ばれる様になってから、自体は大きく変化しました。これまでの使い捨て文化では有限な資源がすぐに枯渇してしまう。今ある資源を大切に使っていくストック型社会を目指す様になり、それは住宅事情にも大きな影響を与えました。これまでは建て直しが主流でしたが、不備のあるところや古くなってしまった部分だけを改善するリフォームというサービスが生まれました。

日本は小さな島国であり、海外に比べると土地も狭く且つ人口が多いので次から次へと土地を確保出来る訳ではありません。またバブルが弾けてからは長い不景気が訪れ、これまで同様お金を湯水の様に使う事は出来ません。そのニーズにあったのがリフォームです。

ある程度こちらの意見を聞き入れてくれながら改築が出来るので、建て直しほど変わる事は無いがある程度新しくなる点がウケて今日に至ります。今やリフォームをするのは珍しい事ではなく、家族の形やライフスタイルによって施工されるものになりました。リフォームが浸透した理由は様々ですが、日本人特有の「もったいない精神」やいち早くストック型社会に切り替えた事とマッチしていたからだといえます。

浴室施工の相場と事例

様々な事故が想定出来る浴室には、どんなリフォーム施工がされるのでしょうか。リフォーム施工別の費用はもちろんの事、期間についても公開しているので、これからリフォームをされる方に役立つ情報です。 人気の施工も含めて公開しているので、参考にしてみて下さい。

リフォーム業者の選び方

住まいのリフォームは安い買い物では無いので慎重に業者選びをしなければなりません。 頭では分かっているけれど、実際に業者選びをする時に何を基準にすれば良いのか分からない。悪質なリフォーム業者に引っかからない為に必要なポイントをピックアップしています。

TOPへ戻る